>
瓦の種類




 

 
 





 

〒708-0856 岡山県津山市西吉田479-1
TEL:0868-26-3121 FAX:0868-26-5153
【山陽営業所】
〒709-0721 岡山県赤磐市桜が丘東5丁目5-305
(岡山ネオポリス内)
TEL:086-995-0077 FAX:086-995-0078


【営業内容】
屋根のリフォーム、葺き替え・雨漏り補修、
太陽光発電システム

【営業エリア】
岡山県全域、鳥取県・兵庫県の一部

瓦の種類

 

【釉薬瓦J型53A】

 

陶器和型瓦ともいい、粘土瓦の一種です。粘土を瓦の形にかたどったものの上に釉薬(うわ薬)をかけて、窯の中に入れて高温で焼き上げた瓦のことをさします。瓦表面の釉薬がガラス質になっているため、水が浸透せず、長い年月を経ても美しい状態を保てるのが特徴です。53Aの規格があります。

 

【釉薬瓦J型53B】

 

陶器和型瓦ともいい、粘土瓦の一種です。粘土を瓦の形にかたどったものの上に釉薬(うわ薬)をかけて、窯の中に入れて高温で焼き上げた瓦のことをさします。瓦表面の釉薬がガラス質になっているため、水が浸透せず、長い年月を経ても美しい状態を保てるのが特徴です。53Bの規格があります。

 

【平型瓦】

和型瓦の基本である山と谷の凹凸をなくした平板状のデザインが特徴で、いろんなメーカーからさまざまな色、形が出されています。陶器瓦ならではの美しい色彩と優れた耐久性を兼ね備えお洒落な洋風住宅などにもよく合います。

 

 

【M型瓦】

 

2つの山が特徴的なフォルムには、日本の街並みと風土にマッチするハイセンスな機能が凝縮されています。

 

 

 

【S型瓦】

 

 

大胆かつ繊細な曲線美が特徴です。美しい伝統を受け継ぎつつ、西洋のテイストをも織り込んだ新しい瓦です。

 

 

 

 

【いぶし瓦】

 

日本建築の屋根に多く見られるいぶし瓦。渋い銀色の光沢と清楚な美しさは、日本の風土に根ざした深い味わいと伝統の 確かさを感じさせます。洋風指向が高まる昨今でも依然として根強い人気を保ち、その独特の色調から「銀色瓦」「黒瓦」などとも呼ばれます。

 

 

 

【窯変瓦】

 

色にこだわるなら窯変(ようへん)瓦です。窯の精妙な雰囲気が創造する深遠な色彩が独特の雰囲気をだします。いくつかの色の組み合わせることにより個性のある屋根に仕上げる事も可能です

 

 

 

【ROOGA】

 

厚くて軽い、粘り強く割れにくい、汚れにくく色あせしにくいROOGAは、異なる素材の特性を複合する技術により、まさに次世代屋根材というべき高性能を有しています。和風モダンな「雅」と、自然石の風合を持つ「鉄平」がございます。